象印EE-DC50の口コミや評判を調査!電気代はどのくらい?

このページでは、象印のスチーム加湿器EE-DC50に関する口コミや評判をまとめています。

また、気になる電気代もどのくらいか調査しました。

象印スチーム加湿器は、長年愛されています。

中でも2021年発売のEE-DC50は、特に人気が高く評判もいい商品です。

電気屋さんでも品薄状態が続いている商品のようですよ!

熱い蒸気で加湿することで雑菌が発生しづらいこと、お手入れも簡単にできることなど、メリットがたくさんあるEE-DC50について紹介していきます。

加湿器を新しいものに買い換えたい、より能力の高いものをGETしたい!

という方への参考になれば幸いです(^-^)

▼象印スチーム加湿器EE-DC50はこちら▼ ホワイトとブラックの2色展開です♪

象印加湿器EE-DC50の口コミや評判を紹介

では早速、EE-DC50の口コミを見ていきましょう!

タンクの水を沸騰させて、その蒸気でお部屋を潤すというシンプルな加湿方法です。

そんなEE-DC50のデメリットかな?と感じる口コミから紹介していきますね。

EE-DC50の悪い口コミやデメリット

熱い蒸気が出るので注意!

  • 蒸気はとても熱いです。
  • やけどの恐れもあるので小さいお子さんがいる家庭やペットと一緒に生活している方には注意が必要です。

スチーム加湿器は沸騰させた蒸気で部屋を加湿するので危険な場合もあります。

その一方で、1度煮沸させた蒸気での加湿なので清潔という面もあるんです。

カビや雑菌も発生しづらくなりますし、掃除も簡単です。

大人しか触れない場所に置くことで安心して使用できますよ♪

音が気になる

  • 加湿器の運転中は少し音が気になってしまうという意見もありました。
  • ポコポコと水が沸騰している音のようですが、静かな空間だとより気になってしまうかもしれません。

高機能な加湿器は、リビングなど自宅で一番広い場所で使用することが多いと思います。

日常の生活音に紛れれば、それほど気にならないと個人的には感じました^^

また、沸騰する音を軽減できる、湯沸かし音セーブモードも設定できます!

この機能でゆっくりと温度を上げていくことで、湯沸しの音を抑えることができるようです。

これなら寝るときでも安心して使えますね♪

EE-DC50の良い口コミや評判

ここからは、EE-DC50を使って気にいったという良い口コミを紹介していきます。

大満足の加湿パワー

  • 超音波タイプの加湿器に比べて加湿能力が高い。
  • 広めのリビングの気になる乾燥もすっかり解消。
  • 乾燥からくる喉の痛みも改善されました。

メンテナンスが楽チン

  • クエン酸洗浄で清潔を保てます。
  • 大きな給水口で簡単にタンク内を洗浄できます。
  • 水を沸騰させるので雑菌が発生しづらい。

お部屋があたたか

  • 蒸気で加湿することで部屋が暖かくなる印象です。
  • 部屋が冷えない。

このように、象印のスチーム加湿器EE-DC50は良い評価を得られていることがわかりますね♪

私としては、十分な加湿はもちろん、お部屋の暖かさもついてくるなんて一石二鳥で嬉しくなってしまいます(^O^)

さらにポットのような構造で、給水は蓋を開けて水を注ぐだけでOK!

わざわざ本体を移動させたり、持ちづらいタンクを運ぶ必要もありません。

私は、水の入ったタンクを運ぶときに落としてしまったことがあります(;_;)

ひび割れて使えなくなり、、、こんな事故もEE-DC50なら防ぐことができますね!

これでお手入れも楽ちんなので、本当に助かります!

▼象印スチーム加湿器EE-DC50はこちら▼

EE-DC50の電気代はどのくらい?

加湿器のような長時間の使用が予想されるものは、電気代がどのくらいになるのかも気になるところですね!

EE-DC50の消費電力は、湯沸かし立ち上げ時に985Wで加湿時は410Wです。

410Wの加湿を1時間行うと、10.7円になります。

1時間の加湿を毎日行うと、1ヶ月では319.8円です。

他社のスチーム加湿器と比べても、この電気代は一般的でした。

部屋が少し暖かくなる程の出力で、この電気代は納得ではないでしょうか。

逆に暖房代が浮くかもしれませんよ(^-^)

電気代の計算は東京電力の基準で、こちらのサイトを参考にしました。

https://www.ienakama.com/electric/tips/page/?tid=353

▼象印スチーム加湿器EE-DC50はこちら▼

加湿器EE-DC50の特長やメリット

ここまでのことを踏まえて、 象印のスチーム加湿器EE-DC50の特徴やメリットも紹介していきます。

加湿力の調整が可能

象印 スチーム加湿器EE-DC50は、加湿の段階を強・中・弱の3段階での調整が可能なんです!

それによって連続加湿時間も最大8時間・16時間・32時間となります。

設定によっては、まる1日以上給水の手間を省くことができるんですね。

また、タイマー機能も搭載されており、

入タイマーは4・6・8時間、切タイマーは1・2・4時間と、それぞれ3段階に設定ができるのです!

こんなに細かくタイマー設定ができる加湿器は初めて知りました。

まさにかゆいところに手が届く、象印さんの心遣いに脱帽です(^-^)

安心・安全機能が充実

EE-DC50には以下の機能が付いています。

  • チャイルドロック
  • ふた開閉ロック
  • 転倒湯もれ防止構造
  • 転倒時自動オフ
  • マグネットプラグ
  • 空だき防止機能

チャイルドロックは、お子さんが勝手に操作ができないようにボタンの操作を無効にする機能です。

また、ふた開閉ロックや転倒時の湯もれ防止構造は万が一加湿器を倒してしまった時に熱いお湯が出ないようにしてくれます。

お子さんがいる家庭、ペットがいる家庭には、より必要な機能ではないでしょうか?

もしも転倒した際に、自動的にオフになる機能もありますよ。

またコードがマグネットプラグなので、誤って足を引っ掛けてしまってもすぐに外れてくれます。

掃除機をかけている時に、よく家電のコードにひっかけてしまいませんか?

そんな時に安心ですね。

給水のタイミングをランプとブザーで教えてくれる、空だき防止機能もあります。

私にように給水を忘れて気づいたらタンクが空っぽ!というタイプにぴったりですね(^_^;)

デザイン性も良し

象印スチーム加湿器EE-DC50ホワイトとグレーの2色展開です。

最近では黒やグレーの家電も人気ですし、他の家電やお部屋の雰囲気に合った色をチョイスできるのは嬉しいですよね♪

さらに操作ボタンも悪目立ちしないデザインで生活感がぐっと抑えられています!

お手入れが簡単

EE-DC50はとってもお手入れが簡単なんです!その理由として

  • フィルター不要
  • 広口容器

の2点が挙げられます!

フィルターは多くの加湿器で使われいる部品ですね。

長く加湿器を使っていると、汚れたり、雑菌の温床になったりするんです。

さらに消耗品なので、古くなると別売りのものを購入する必要が出てきます!

EE-DC50はそのフィルターが要らないため、掃除や購入の手間が省けます。

別売りのフィルターは割高だったりもするので、出費も抑えられるのは嬉しいですね(˙ᗜ˙)

また、広口容器のため、タンク内のお掃除も簡単にできます。

クエン酸洗浄もOKなので、クエン酸と水でつけ置きするだけである程度の汚れは落ちます。

クエン酸は100均でも簡単に手に入りますよ♪

▼象印スチーム加湿器EE-DC50はこちら▼

まとめ:象印EE-DC50の口コミや評判を調査!

象印のスチーム加湿器EE-DC50の口コミや評価の紹介でした。

熱い蒸気がでる、沸騰音が気になる場合がある、とデメリットもありましたが、強力な加湿能力と、お手入れのしやすさはとても魅力的な商品でしたね♪

電気代も他のスチーム加湿器とあまり変わらず、強弱の設定やタイマーが細かく設定できるのも好印象でした。

安全機能も十分で、お部屋になじみやすいシンプルなデザインは、老若男女問わず使いやすいです!

自宅や職場に設置するのも、お祝いなどでの贈り物としての選択肢にしてもいいのではないでしょうか。

能力が高い加湿器を使うことで、お部屋の湿度を保ち、風邪の予防にもつながります。

ご家族の健康管理にとっても重要ですよね!

慢性的な鼻炎の私も、部屋の湿度を上げることでだいぶ楽になることがあります(●︎´▽︎`●︎)

この記事を読んで、みなさんの加湿器選びの参考にしていただければ嬉しいです♪

▼象印スチーム加湿器EE-DC50はこちら▼

EE-DC50は容量が4リットルです。もし、容量が多いと感じているなら3リットルタイプのEE-RR50を選択するといいかもしれませんよ。

デザインがコロンと丸みを帯びていてかわいい印象を受けます。

EE-RR50とEE-DC50の違いは、こちらの記事で比較していますのでご覧くださいね。

生活家電関連
この他にも以下の記事がよく読まれています
まるれぽ
error:Content is protected !!