NI-FS580とNI-FS570の違い4つを徹底比較!パナソニック衣類スチーマー

パナソニック衣類スチーマーNI-FS580とNI-FS570の違いを徹底的に比較しました。

NI-FS580とNI-FS570は、どちらも衣類をハンガーにかけたまま手軽にシワとりできる人気のスチーマーです。

NI-FS570は2021年5月に発売され、とても評判の良い商品です。

そして新たに、さらにパワーアップしたNI-FS580が2021年3月に発売されています!

NI-FS580とNI-FS570の違いは、4つあります。

  • カラーバリエーションの違い
  • 重さの違い
  • ハンドル部分の違い
  • 価格の違い

立ち上がりの速さやスチームの多さなど旧型NI-FS570の便利な機能はそのまま、新型NI-FS580はさらに進化しています。

新型NI-FS580はNI-FS570と大きさや容量は同じですが、さらに軽量化されています。

また、新型NI-FS580のハンドル部分は抗菌加工になっているのが大きな進化ポイントです。

詳しい違いは、本文でご紹介しますね^^

また、それぞれおすすめの人についてもまとめていますので、参考にしてみてください♪

▼パナソニック衣類スチーマーNI-FS580はこちら▼ 2色展開です♪

▼パナソニック衣類スチーマーNI-FS570はこちら▼ 2色展開です♪

パナソニック衣類スチーマーNI-FS580とNI-FS570の違いを比較

NI-FS580とNI-FS570の違いを比較しました。

違いは、4つあります。

  1. カラーバリエーションの違い
  2. 重さの違い
  3. ハンドル部分の違い
  4. 価格の違い

詳しく紹介していきますね。

カラーバリエーションが違う

  • NI-FS580→ベージュ・グレイッシュネイビー
  • NI-FS570→ピンクゴールド・ダークブラウン

NI-FS580とNI-FS570はどちらも2色展開ですが、色に違いがありました。

<NI-FS580>

<NI-FS570>

NI-FS580はハッキリとした色合いで、NI-FS570は周りと調和した色合いのイメージを持ちました。

カラーについては好みが分かれる部分ですが、どちらも年齢性別問わず使用できるシンプルなデザインです^^

NI-FS580の方が軽量

  • NI-FS580→680g
  • NI-FS570→690g

旧型NI-FS570よりも新型NI-FS580の方が、本体の重量が約10g軽い設計になっています。

NI-FS580とNI-FS570どちらも大きさは、幅:7×長さ:15×高さ:15cmと変わりありません。

また、水の容量も50mlと同じです。

衣類スチーマーは、ハンガーにかけたままのお洋服もサッとシワ伸ばしできるのが魅力です。

立ったまま使用することが多いので、少しでも軽い方が嬉しいですよね

特にコートやワンピースなど丈のある衣類にスチームを当てる際は、この10gの差が大きく感じられると思います。

NI-FS580は抗菌ハンドル採用

  • NI-FS580→ハンドルの抗菌加工 有り
  • NI-FS570→ハンドルの抗菌加工 無し

新商品のNI-FS580は、ハンドル部分が抗菌加工されています。

前商品のNI-FS570には無い仕様です。

抗菌作用は目に見えて分かるものではないですが、今のご時世を考えても有ったほうが安心かもしれませんね^^

特に手の触れることが多い部分に、このような加工がされているのは、嬉しいポイントです。

NI-FS570の方が低価格

  • NI-FS580→11,747円
  • NI-FS570→6,480円

上記の金額は、2022年3月時点の楽天市場での最安値価格です。

やはり最新型であるNI-FS580の方が高価になりますね。

価格だけで見ると、型落ちとなるNI-FS570の方が手を出しやすいですね

機能面で大きな違いがない分、約5,000円の差は大きく感じます。

そのため、最新型と同じ機能のものを低価格で手に入れられるNI-FS570はお得だと言えますね♪

ただし、価格に関しては、売れ行き状況によって変動します。

現時点の価格は、以下の各ショッピングサイトボタンから確認出来ますのでチェックしてみてくださいね^^

▼NI-FS580の価格チェックはこちらから▼

▼NI-FS570の価格チェックはこちらから▼

Qoo10でもチェックしたところ、NI-FS570が2,000程さらにお得に販売されていました。

穴場サイトなので、見逃し厳禁ですよ^^

>>>Qoo10の現在の価格を確認するなら、こちらをクリック☆

FS580とNI-FS570の比較表

上記で上げてきた違いも含めて、NI-FS580とNI-FS570の違いを比較表にしてまとめていきます。

NI-FS580NI-FS570
大きさ(幅×長さ×高さ)7×15×15cm7×15×15cm
重さ680g690g
カラーバリエーションベージュ・グレイッシュネイビーピンクゴールド・ダークブラウン
スチーム量平均約11g/分平均約11g/分
立ち上がり時間約19秒約19秒
ハンドル抗菌加工の有無
価格約12,000円前後約7,000円前後

こうして表にしてみると、価格面での違いが目立ちますね。

NI-FS580とNI-FS570でおすすめはどっち?

NI-FS580とNI-FS570のでそれぞれどんな人におすすめなのかまとめました。

参考にしてくださいね^^

NI-FS580がおすすめの方

  • 最新型が好みの方
  • 少しでも軽い衣類スチーマーが良い方
  • ワンピースやコートなど丈の長い衣類が多い方
  • 家族などでシェアして使う方
  • NI-FS580のカラーが好み

NI-FS580は、最新型という点が魅力の1つです。

やはり、家電は最新型が気分も上がるという方もいますよね^^

そして、新型NI-FS580は軽量・抗菌ハンドルの2点が旧型NI-FS570と大きく違う特徴です。

特に重量は、たとえ10gの違いであっても、腕の力に自信がない方や丈の長い衣類に使用する際は、大きな差となります。

使用環境やご自身の体力と相談して検討してくださいね。個人的には、軽い方が嬉しい♪

NI-FS580は抗菌加工のハンドルとなっているのもメリットですね。

各自で自分の衣類にスチーマーをかけるご家庭など、固定の人が使用せずにシェアする場合は、抗菌加工がある方が安心できますね^^

NI-FS570がおすすめの方

  • 価格を抑えたい方
  • 抗菌仕様でなくても問題無い方
  • NI-FS570のカラーが好み

NI-FS570は、最新型のNI-FS580と機能面では変わりないにもかかわらず、低価格で手に入るという点が1番の魅力です。

衣類スチーマーは必ずしも必要というものではないので、購入を悩む方も多いと思います。

しかし、この価格ならば試してみたいと感じる人も多いのではないでしょうか。

高機能な衣類スチーマーがこの価格で手に入れられるのは嬉しいですね♪

また、すでにアイロンを持っている方も、サブ機として購入しやすいですね^^

しっかりシワとりしたい時や、腕が疲れるなと予想できる衣類の時はアイロンを使用し、忙しいお出かけ前やTシャツなどはNI-FS570を使うなど、時と場合によって使い分けるのが最適です。

重量やハンドル部など最新型のNI-FS580と比べると細かな差はありますが、機能に大きな差はありませんのでNI-FS570でも十分満足できると言えます♪

NI-FS580とNI-FS570の共通の特長

パナソニック衣類スチーマーNI-FS580とNI-FS570の共通する特徴を紹介します。

すぐ使える便利さ

NI-FS580とNI-FS570は、どちらも立ち上がりの速さが魅力です。

立ち上がり時間は、なんと約19秒なんです!

お出かけ前に服を出したら、シワがついていた!なんて時も、手軽に使えるのが便利ですよね。

忙しい時でも諦めることなく、身だしなみを整えることができます♪

アイロンのように、アイロン台を出し、電源を入れてしばらく待つという時間や動作を省くことができるので、洋服のお手入れのハードルが随分低くなりますよ^^

また、耐熱スタンドが付いているのも嬉しいポイントです。

使い終わったら、本体が熱いままでも置けるので、冷めるのを待つ時間も短縮できます^^

使いやすい設計

NI-FS580とNI-FS570は、本体をどの向きで使っても一定のスチームが発生する、360°パワフルスチームが採用されています。

タンクの吸水口が常に下向きになる技術が搭載されているので、本体を傾けてもスチーム量は変わらず使用できます。

このことにより、丈の長い衣類でも立ったまま、本体の向きを変えるだけで楽にシワ伸ばしできますね^^

また、使い方もシンプルでとても簡単なのが魅力です。

  1. 水道水をタンクに入れます。
  2. 電源スイッチを入れ、ランプが赤点灯になるまで待ちます。(予熱準備中は赤点滅です。)
  3. スチームボタンを押しながら、衣類ケアします。
  4. 電源を切ります。

アイロンとほぼ同じ用量なので、迷わず簡単に使えますよね^^

ちなみに、スチームボタンを押している間、ずっとスチームが出ます。

タンク容量MAXの50mlの水を準備した場合、連続で約4分間スチームを出すことができます。

4分間あればコートなどの大物にも十分な時間ですね。

また、使用後に万が一、電源を切り忘れても自動OFF機能が付いているので安心ですよ。

簡単に使用できるだけでなく、安全性にも十分配慮されている点がさすがですね^^

脱臭・除菌にも効果的

スチーマーは、高温で微細なスチームが勢いよく発生する為、衣類の繊維についたニオイ粒子を取り除くとこができます。

特にスーツやコートなど頻繁に洗えない洋服のケアに助かりますよね。

以下の7種類のニオイに効果を発揮しますよ。

  • 生乾き臭
  • ペット臭
  • タバコ臭
  • 汗臭
  • 飲食臭
  • 加齢臭
  • 防虫剤臭

洋服のシワをとりながら、同時に幅広いニオイにも効果的だと言うことなしですね♪

そして、ほとんどの菌は熱に弱い為、高温が出るスチーマーは除菌効果も期待できます。

化学薬品などを使わずに除菌できるので、赤ちゃんの衣類にも安心して使用できますよ♪

洗った布マスクにスチームを当てて、除菌するのもおすすめです。

また、ダニや花粉などのアレル物質除去にも効果的です。

ジャケットなど洗えないものは、帰宅後にスチームをあてると安心ですね^^

▼19秒と短時間で立ち上がり抗菌仕様の2022年発売なのはNI-FS580▼

▼価格を抑えながら機能も充実しているのは2021年発売のNI-FS570▼

まとめ:パナソニック衣類スチーマーNI-FS580とNI-FS570の違いを比較検証

NI-FS580とNI-FS570の違いを比較してきた結果、違いは4つありました。

  • カラーバリエーションが違う
  • 重量は、NI-FS580の方が軽量
  • 抗菌ハンドルを採用しているのは、NI-FS580
  • 価格は、NI-FS570の方が低価格

NI-FS580とNI-FS570は、どちらも2色展開ですが、色に違いがありました。

NI-FS580はベージュ・グレイッシュネイビーでハッキリとした色合いですが、NI-FS570はピンクゴールド・ダークブラウンで周りと調和するような色合いです。

そして、重量は10gの差があります。腕が疲れやすい方や丈の長い大物衣類を頻繁にケアしたい方は、少しでも軽い方がありがたいですよね^^

また、新モデルのNI-FS580は、ハンドル部分に抗菌加工が施されています。

これらのことから新モデルのNI-FS580は、旧モデルのNI-FS570よりもパワーアップしていることが分かります

この進化に伴って、価格は約5,000円程、新モデルNI-FS580の方が高価です。

立ち上がり時間19秒という速さや、360°パワフルスチームなど機能面は同じなので、細かな違いを気にしなければ、旧モデルNI-FS570は非常にお得だと言えますよね^^

これからの季節、新生活が始まる方も多いですよね。

それに伴って、生活の中で初対面の方と接する機会も増えると思います。

人は見た目が9割と言われるように、第一印象が人間関係において重要なこともあり、きちんと整えられた身だしなみが大切です。

第一印象は結構重要なんですよ

ビジネスシーンはもちろん、カジュアルな場面でも、洋服がシワくちゃなんてことがないように気をつけなければいけませんね^^

お出かけ前にチェックして、気になるところをNI-FS580やNI-FS570でサッとケアするのをおすすめします。

新生活のスタートを手助けしてくれる、頼もしいアイテムだと思いました♪

▼色味がハッキリとしているNI-FS580は2022年モデル▼

>>>同時期に発売されたNI-FS780との違いは、こちらの記事で比較しています。

▼ふんわりとした色調のNI-FS570は2021年モデル▼

生活家電関連
この他にも以下の記事がよく読まれています
まるれぽ
error:Content is protected !!