シャープIB-WX3とIB-WX2の違いを比較!プラズマクラスタードレープフロードライヤー

シャープIB-WX3とIB-WX2の違いを比較!プラズマクラスタードレープフロードライヤー美容健康器具関連

シャーププラズマクラスタードレープフートドライヤーのIB-WX3とIB-WX2の違いを比較しました。

シャープIB-WX3とIB-WX2は、どちらもプラズマクラスター搭載の人気ヘアドライヤーです。

プラズマクラスターによって髪に潤いを与えることができ、さらに紫外線・ブラッシング・ヘアカラーなどの刺激にも負けない髪になれるのが魅力です^^

IB-WX2は2021年5月に発売された最上位モデルであり、多くのショッピングサイトで高評価を獲得しています。

そして2022年8月25日に新しくIB-WX3が発売されることになりました!

IB-WX3とIB-WX2の違いは、3つあります。

  • モードの違い
  • カラーの違い
  • 価格の違い

新しいIB-WX3は、モードが増えています。

風量が少なく、より低温にしたモードを新たに搭載しており、大きな音が苦手な方や子どもにも優しいのが特徴です!

さらに、カラーや価格にも違いが見られました。

IB-WX3とIB-WX2の詳しい違いは、本文でご紹介します。

また、それぞれおすすめの人についてもまとめましたので、参考にしてみてくださいね^^

▼2022年8月発売のIB-WX3はゴールド系とホワイト系の2色展開▼

>>>IB-WX3の口コミや風量に関しては、▶こちらの記事で紹介しています。

▼2021年5月発売のIB-WX2はピンク系とホワイト系の2色展開▼

>>>IB-WX2の口コミや風量に関しては、▶こちらの記事で紹介しています。

IB-WX3とIB-WX2の違いを比較

IB-WX3とIB-WX2の違いを比較しました。

違いは、3つあります。

  1. モードの違い
  2. カラーの違い
  3. 価格の違い

詳しく紹介していきますね。

IB-WX3は、GENTLEモード搭載

  • IB-WX3…GENTLEモード有り
  • IB-WX2…GENTLEモード無し

新IB-WX3にはGENTLEモードが搭載されていますが、IB-WX2にはありません。

GENTLEモードは、風量を極力抑え、風温も低温に設定されているため、ドライヤーの大きな音を感じにくいのが特徴です。

うるさくなく熱くないので、ドライヤーが苦手な子どもにも優しい設計なんですよ♪

さらに、ドライヤーが髪に近づきすぎると、冷風に自動切り替えします。

火傷の心配がないので、安心ですね。

新しくGENTLEモードを搭載したIB-WX3は、小さなお子さんがいるご家庭や、ドライヤー音が苦手な方に特におすすめです^^

ちなみに、髪とドライヤーの距離によって温度を調整するSENSINGモード・温冷の自動切り替えができるBEAUTYモードはどちらにも搭載されています。

また、HOT・COLD・SCALPの基本機能も共通していますよ^^

引用元:楽天市場

カラーが違う

  • IB-WX3…リネンゴールド・フローズンホワイト
  • IB-WX2…キャメルピンク・ソルベホワイト

どちらも2色展開です。

IB-WX3はゴールドと青みがかったホワイトなので、大人な印象を受けます。

対してIB-WX2はピンクゴールド調と定番ホワイトなため、より幅広い好みに対応できると思います^^

ちなみに、デザインに違いはありません。

どちらもノズルが短いタイプで、安定感のある持ちやすさが魅力です。

大きさも幅:8.8×奥行:13.2×高さ:23.3cm、重さ590gと違いは見られませんでした。

IB-WX2の方が低価格

  • IB-WX3…約36,000円程
  • IB-WX2…約23,000円〜25,000円程

金額は1万円以上の差がありました。

IB-WX3は最新型ですし、新モードが搭載されているので、IB-WX2よりも金額が高価なのは予想通りですよね。

しかし、正直なところ1万円以上の金額差は大きいなと思いました。

GENTLEモード以外の機能や効果はどちらも同じなので、IB-WX2がお得に感じますね♪

▼IB-WX3は最新型で機能が進化▼

▼IB-WX2は前モデルにはなるけど使い勝手には困らない▼

IB-WX3とIB-WX2の比較表

上記で上げてきた違いも含めて、IB-WX3とIB-WX2の違いを比較表にしてまとめていきます。

IB-WX3IB-WX2
大きさ(幅×奥行×高さ)8.8×13.2×23.3cm8.8×13.2×23.3cm
重さ590g590g
カラーリネンゴールド・フローズンホワイトキャメルピンク・ソルベホワイト
モードGENTLE・HOT・SENSING・BEAUTY・SCALP・COLDHOT・SENSING・BEAUTY・SCALP・COLD
風量(ターボ時)1.2㎥/分1.2㎥/分
風温(ホット時)95℃95℃
金額36,000円程23,000円〜25,000円程

こうして表にしてみると、金額の違いが目立ちますね。

▼価格を抑えたいならIB-WX2がお得▼

IB-WX3とIB-WX2でおすすめはどっち

IB-WX3とIB-WX2でそれぞれどんな人におすすめなのかまとめました。

参考にしてくださいね^^

2022年発売IB-WX3がおすすめの人

  • 最新機種がいい!という方
  • ドライヤー音が苦手な人がいるご家庭

IB-WX3は、2022年8月に発売される最新商品です。

よって、家電はやっぱり最新型が魅力的と感じる方はIB-WX3にしてくださいね^^

また、IB-WX3の最大の特徴は、GENTLEモードが搭載されていることです。

うるさくなく熱くないので、ドライヤー音が苦手な方はIB-WX3が最適ですよ。

小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめです♪

▼音を最小限に抑えたいなら最新のIB-WX3▼

2021年発売IB-WX2がおすすめの人

  • ドライヤー音が平気な方
  • 価格を抑えたい方

IB-WX2は、最新型IB-WX3と髪への効果は同じなのに、低価格な点が魅力です!

IB-WX2にはGENTLEモードがついていませんが、ドライヤー音にストレスを感じることがない方にとっては必要のないモードだとも言えます。

その他のモードや効果はIB-WX3と違いがないので、型落ちでも気にならない方は、IB-WX2がおすすめです^^

お得に手に入るのが嬉しいですね♪

▼髪への効果は新モデルと同じのIB-WX2▼

IB-WX3とIB-WX2の共通の特徴

2022年モデルIB-WX3と2021年モデルIB-WX2の共通する特徴を紹介します。

優れた速乾力

IB-WX3とIB-WX2は、ドレープフロー技術が採用されているのが特徴です。

引用元:楽天市場

これは、2台のドライヤーを使って風を送るという、サロン技術をヒントにして作られたものなんです!

風を2か所から発生させ、髪を立体的に乾かすことで、より広範囲まで送風できます。髪の奥にも風がしっかり届きますよ^^

また、新型IB-WX3と前モデルIB-WX2は本体の送風面積もアップしていることから、さらなる速乾力も期待できるのが魅力です♪

熱ダメージを防ぐ機能

IB-WX3とIB-WX2はどちらも、SENSINGモードが搭載されています。

これは、ドライヤーとの距離と髪の表面温度を検知して、風の温度を自動で調整する機能です。

引用元:楽天市場

ドライヤーを近づけても、熱くなりすぎないので、熱ダメージや過乾燥を防ぐことができます。

髪の温度が55℃以下になるよう調整されるので、お子さんのヘアドライ時にも安心ですね^^

また、ヘアカラー後のケアにも有効です。

カラーは熱に弱いので、高温でのヘアドライは色落ちの原因となります。

しかし、IB-WX3やIB-WX2ならば低温で乾かすことができるので、カラーをより長持ちさせることができますよ^^

お気に入りの髪色が続くと気分も上がりますね♪

プラズマクラスター効果

IB-WX3とIB-WX2はプラズマクラスター搭載のヘアドライヤーです。

プラズマクラスターは、イオンが髪の表面を覆って潤いを与えてくれます。

また、キューティクルの引き締めにも効果的なので、潤いが続きダメージに強い髪になれるのが魅力です!

プラズマクラスターの効果としては、次のことが期待できます。

  • トリートメント効果
  • 補正効果
  • 髪の弾力性向上
  • 除電効果
  • ツヤUP
  • UVダメージ抑制
  • 保護効果

特別なヘアケアアイテムやサロンでのケアがなくても、美髪が手に入れば言うことなしですよね♪

いつも通りドライヤーで髪を乾かすだけなので、自然と続けることができるのも嬉しいポイントです。

▼IB-WX3は2022年発売モデル▼

▼IB-WX2は2021年発売モデル▼

まとめ:IB-WX3とIB-WX2の違いを比較について

引用元:楽天市場

IB-WX3とIB-WX2の違いを比較してきた結果、違いは3つありました。

  • GENTLEモードは、IB-WX3のみ搭載
  • カラーが違う
  • 価格は、IB-WX2の方が低価格

1番の違いとして、IB-WX3にはGENTLEモードが新搭載されています。

風量・風温を抑えたモードの為、ドライヤーが苦手なお子さんにも優しいのが特徴です。

そして、カラーバリエーションにも違いがありました。

新モデルIB-WX3はリネンゴールド・フローズンホワイトの2色展開で、落ち着いた印象のカラーとなっています。

対して前モデルIB-WX2は、キャメルピンク・ソルベホワイトと大人可愛いイメージです。

さらに、金額にも1万円以上の差が見られ新しいIB-WX3の方が高価です。

確かにIB-WX3は最新機種ですし、GENTLEモードが新搭載されているなど進化しています。

しかし、IB-WX2も効果や使いやすさはIB-WX3と変わりがないのも事実です。

GENTLEモードが必要ない方は、IB-WX2がお得に感じますね^^

IB-WX3とIB-WX2はどちらも、髪へ潤いを与えダメージを受けにくくするなど、魅力的な効果が期待できます。

普段のドライヤーだけで、髪が綺麗になれるなんて魔法のようなアイテムです。

B-WX3とIB-WX2の機能面での違いはGENTLEモードのみなので、迷った時はGENTLEモードが必要かどうかで選ぶと良さそうですね^^

新しいIB-WX3の発売が楽しみですね♪

▼小さい子にはIB-WX3の方が音が小さいし風量調整するので使いやすいかも▼

関連記事 シャープIB-WX3の口コミをレビュー!風量についても調査!

▼髪への効果はIB-WX2でもバッチリ♪▼

関連記事 ドレープフロードライヤーIB-WX2の口コミをレビュー!風量はどのくらい?

美容健康器具関連
この他にも以下の記事がよく読まれています
まるれぽ
error:Content is protected !!