東芝VC-CLX51とVC-CLX50違いを比較!トルネオコードレス

東芝VC-CLX51とVC-CLX50違いを比較!トルネオコードレス生活家電関連

東芝VC-CLX51とVC-CLX50の違いを比較しました。

VC-CLX51とVC-CLX50はどちらも、トルネオシリーズのコードレス掃除機です。

VC-CLX50は、最上位モデルとして2021年9月に発売され人気の商品です。

そして今回新モデルとして、2022年9月にVC-CLX51が発売されることになりました!

東芝VC-CLX51とVC-CLX50の違いは、3つあります。

  • ヘッドの違い
  • カラーの違い
  • 付属品の違い

大きな違いは、ヘッドが進化したことだと言えます!

新しいVC-CLX51では、髪の毛などが絡みにくい設計になっているんです^^

他にも、本体カラーの違いやライトの有無などに違いがみられました。

VC-CLX51とVC-CLX50詳しい違いは、本文でご紹介します。

また、それぞれおすすめの人についてもまとめていますので、ぜひご覧くださいね♪

▼VC-CLX51はこちら ブラウンとシルバーの2色展開▼

▼VC-CLX50はこちら ピンクとレッドの2色展開▼

VC-CLX50-N 東芝トルネオVコードレススティッククリーナー ピンクブロンズ

VC-CLX51とVC-CLX50の違いを比較

VC-CLX51とVC-CLX50の違いを比較しました。

違いは、3つあります。

  1. ヘッドの違い
  2. カラーの違い
  3. 付属品の違い

詳しく紹介していきますね。

VC-CLX51の方が絡みにくいヘッド採用

  • VC-CLX51…からみレス自走ヘッド
  • VC-CLX50…ラクトルパワーヘッド

新しいVC-CLX51は、より髪の毛などが絡みにくいヘッドに進化しています。

VC-CLX50では、フローリング・絨毯など床の素材に合わせて回転を調整する、ラクトルパワーヘッドが採用されていました。

さらに、ブラシや床の静電気を抑えてゴミが絡みにくいAgブラシを組み合わせることで、スムーズな稼働を可能にしていたんです。

もともと絡みにくくお手入れもしやすい設計ですが、さらにブラシにゴミが巻きつかないようVC-CLX51のブラシはパワーアップしています!

なんと、99%以上絡みにくくなっていると言われているんです!

掃除機のブラシのお手入れほど面倒なものはないですよね。

どんなに吸引力のある掃除機でも、ブラシに巻きついた髪の毛を見るとガッカリしてしまいます。

絡みにくい設計のVC-CLX51であれば、お手入れが格段に楽になるのもポイントですね。

ちなみにどちらも自動式ヘッドなので、スイスイ動く点は同じです。

またお手入れ時、ブラシは丸洗いできる点にも違いはありません^^

カラーが違う

  • VC-CLX51…ボルドーブラウン・シャイニーシルバー
  • VC-CLX50…グランレッド・ピンクブロンズ

カラーバリエーションに違いがありました。

VC-CLX51はボルドーシルバーであり、VC-CLX50はレッドピンクのどちらも2色展開となっています。

VC-CLX51の方が落ち着いた印象を受けますし、VC-CLX50は華やかさのあるカラーです。

インテリアに合わせて選ぶのもいいですし、気分の上がるカラーにして掃除のモチベーションを上げるのもおすすめですよ♪

ちなみに、大きさは若干違いがあるものの、使用感や見た目に影響する程ではないかなと思います。

参考までにVC-CLX51は幅:22.8×奥行:18×高さ:107cmであり、VC-CLX50は幅:26.6×奥行:18×高さ:105.8cmです。

VC-CLX51の方が少しだけ細長いイメージですね。

VC-CLX51はピカっとライト付き

  • VC-CLX51…ピカっとライト有り
  • VC-CLX50…ピカっとライト無し

VC-CLX51には付属品としてピカっとライトが付きますが、VC-CLX50にはありません。

ライト付きのVC-CLX51は、暗いところでもゴミがしっかり見えるのがメリットです。

また、このライトは取り外し可能なので、ハンディにしても付けることができます。

暗くて掃除しにくい車内の清掃などに便利ですね^^

ちなみに、VC-CLX51とVC-CLX50共通の付属品として、スタンド布団用ブラシ丸ブラシ隙間ノズルお手入れブラシACアダプタもあります。

どちらもブラシ類が充実しているのが嬉しいですね♪

▼暗い所でもピカッとライトで掃除がしやすい▼

▼2020年発売VC-CLX50は華やかカラーで高級感あり▼

VC-CLX51とVC-CLX50の比較表

上記で上げてきた違いも含めて、東芝VC-CLX51とVC-CLX50の違いを比較表にしてまとめていきます。

VC-CLX51VC-CLX50
寸法(幅×奥行×高さ)22.8×18×107cm26.6×18×105.8cm
合計質量1.5kg1.5kg
ヘッドの種類からみレス自走ヘッドラクトルパワーヘッド
カラーバリエーションボルドーブラウン・シャイニーシルバーグランレッド・ピンクブロンズ
充電時間2.5時間2.5時間
連続運転時間標準:約35分標準:約35分
付属品ピカっとライト・スタンド・布団用ブラシ・丸ブラシ・隙間ノズル・お手入れブラシ・ACアダプタスタンド・布団用ブラシ・丸ブラシ・隙間ノズル・お手入れブラシ・ACアダプタ

こうして表にしてみると、ヘッドの違いが大きなポイントですね。

進化しているのは、2022年発売のVC-CLX51です♪

VC-CLX51とVC-CLX50でおすすめはどっち

VC-CLX51とVC-CLX50でそれぞれどんな人におすすめなのかまとめました。

参考にしてくださいね^^

VC-CLX51がおすすめの人

  • ロングヘアの人やペットを飼っている方
  • 暗いところの掃除を頻繁にする方

VC-CLX51最大の魅力は、ヘッドのブラシが進化していることです!

髪の毛などが絡みつきにくいので、髪が長い方やペットの毛が気になる方におすすめですよ。

そしてVC-CLX51には、ピカっとライトが搭載されています。

暗い場所でもゴミの見落としがないのがメリットだと言えます。

よって、車内の掃除や光の届きにくい場所の掃除に大活躍ですよ^^

▼暗い所の掃除はぴかっとライトが大活躍▼

VC-CLX50がおすすめの人

  • 鮮やかなカラーが好きな方
  • 明るい場所の掃除がメインの方

VC-CLX50は、レッドとピンクの華やかなカラー展開が魅力の1つです。

特にピンクは、ピンクゴールド調になっているのでインテリアにも合いやすいと思います。

かわいい掃除機をお探しの方に最適ですよ^^

また、VC-CLX50にはピカっとライトの付属品がありませんが、明るい場所の掃除がメインの方は問題ないと言えます。

できるだけものを増やしたくない方にとっては、最小限のアタッチメントであるVC-CLX50の方が助かりますね♪

▼華やかなカラーが好みならVC-CLX50で決まり♪▼

VC-CLX51とVC-CLX50の共通の特徴

VC-CLX51とVC-CLX50の共通する特徴を紹介します。

フィルターレスサイクロンで軽量化

VC-CLX51とVC-CLX50は、フィルターレスサイクロンが搭載されています。

気流によって吸い取ったゴミを分離することで、サイクロン部のフィルターを無くしているんです。

フィルターがないと、目詰まりによる吸引力の低下がないですし、お手入れも楽になります。

そして、本体の軽量化にも繋がるのがメリットです^^

VC-CLX51とVC-CLX50は、小型モーター・アルミ素材の延長管を使用することでとても軽いんですよ。

その重量はなんと、1.5kgです!

この軽さならば、階段なども楽に掃除できるのが嬉しいですね♪

お手入れ簡単

VC-CLX51とVC-CLX50はお手入れも簡単な設計になっています。

東芝VC-CLX51とVC-CLX50違いを比較!トルネオコードレス
引用元:楽天市場

プリーツフィルターがないので、面倒なフィルターの掃除がないのが最大のポイントですね♪

そして、ダストカップや回転ブラシは水で洗えるので楽ですし、衛生面でも安心です。

さらに、VC-CLX51とVC-CLX50のダストカップには、帯電防止加工がされています。

ダストカップに溜まったゴミを捨てようとすると、埃が舞い上がってしまうなんてことがありますよね。

そんな煩わしさもなく、スムーズにお手入れできるのは大きなポイントです♪

お手入れが簡単だとこまめにお手入れでき、結果的に耐久性にもつながります。

使い手のことを考えて作られた、とても優秀なアイテムだと思いました^^

選べる充電方法

VC-CLX51とVC-CLX50はどちらも、充電式のコードレス掃除機です。

本体に取り外し可能なバッテリーが付いています。

東芝VC-CLX51とVC-CLX50違いを比較!トルネオコードレス
引用元:楽天市場

脱着できることで、バッテリーのみの充電もできますし、本体にバッテリーをつけたままプラグで充電も可能なんです!

私個人的には、この充電方法が選べる点がとても便利だなあと感じました。

本体にプラグをさして充電する方法は、スマホの充電のように簡単で楽なのがメリットですが、コンセントの位置によっては掃除機が常に見えるのがデメリットです。

バッテリーのみであれば省スペースで充電できますし、本体は収納できるのでスッキリしますよね。

細かいところまで配慮されているのが嬉しいポイントです♪

▼旧型VC-CLX50にも付属品はバッチリ揃っているので基本使いに困らない▼

まとめ:VC-CLX51とVC-CLX50の違いを比較

東芝VC-CLX51とVC-CLX50の違いを比較してきた結果、違いは3つありました。

  • ヘッドは、VC-CLX51の方が絡みにくい仕様
  • カラーが違う
  • 付属品は、VC-CLX51の方が多い

VC-CLX50では、床の素材に合わせて回転を調整するラクトルパワーヘッドと、静電気を抑えてゴミが絡みにくいAgブラシが採用されていました。

VC-CLX51では、より髪の毛などが絡みにくい、からみレスブラシが搭載されています。

99%以上絡みにくい設計のブラシに進化しているのがポイントです。

そしてVC-CLX51とVC-CLX50では、カラーが違います。

VC-CLX51は、ボルドーブラウンシャイニーシルバーと落ち着いた印象のカラーが採用されています。

一方VC-CLX50では、グランレッドピンクブロンズと華やかな印象のカラーです。

最終的に迷った時は、好きなカラーで選ぶのもおすすめですよ♪

付属品にも違いがありました。

VC-CLX51には、暗いところを掃除するのに便利なピカっとライトが付属されますが、VC-CLX50には付きません。

よって、車内のお掃除など光が届きにくい場所で使用する方は、VC-CLX51の方が便利だと言えます。

VC-CLX51とVC-CLX50は、どちらも軽量・ハイパワーな吸引力に違いはありません。

また、充電方法やお手入れの簡単さなど、細かいところまでこだわりの感じる素晴らしい商品です。

VC-CLX50は現在発売中ですが、新しいVC-CLX51は2022年9月に発売予定です。

パワーアップしたVC-CLX51が見られるのが楽しみですね♪

▼VC-CLX51はこちら ブラウンとシルバーの2色展開▼

▼VC-CLX50はこちら ピンクとレッドの2色展開▼

VC-CLX50-N 東芝トルネオVコードレススティッククリーナー ピンクブロンズ
error:Content is protected !!