パナソニックSD-MDX4とSD-MT4の違いを徹底比較!使いやすいのはどっち?

パナソニックSD-MDX4とSD-MT4の違いを徹底的に比較しました。

SD-MDX4とSD-MT4は、どちらもパナソニックから発売されているホームベーカリーです。

高級生食パン専門店で有名な「おうち乃が美」が監修しています。

それだけで美味しく出来る予感♪

2021年9月にグレード違いで発売されています^^

違いは3つです。

  • デザインの違い
  • 機能の違い
  • 価格の違い

中でも、機能の違いとして生地メニューに大きな違いがあります。

上位モデルのSD-MDX4は、食パン・ハード・リッチと3種類の生地メニューから選択でき、フランスパンっぽいものやバターロールパンっぽいものといった質感の違う成型パンが作れます

対してSD-MD4は、パン生地のみです。

そのため、成型パンを作っていろいろと楽しみたい方には上位モデルのSD-MDX4が良いかと思います。

成型パンはあまり作らない、ホームベーカリーに焼き上げまでおまかせしたい方にはSD-MD4がおすすめです^^

SD-MDX4とSD-MT4の詳しい違いや商品の説明は、本文で詳しくご紹介します。

また、どちらが使いやすいかについてもまとめましたので、ご覧くださいね♪

ホームベーカリーSD-MDX4とSD-MT4の違いを比較!

ホームベーカリーSD-MDX4とSD-MT4の違いを比較しました。

違いは、3つあります!

  • デザインの違い
  • 機能の違い
  • 価格の違い

詳しく紹介していきますね♪

デザインの違い

デザイン面では、カラーバリエーションの違いと大きさの違いの2つあります。

それぞれ分けて説明していきます。

カラーバリエーションの違い

  • SD-MDX4 →ブラック
  • SD-MT4 →ホワイト

SD-MDX4は高級感のある黒であり、蓋の部分もSD-MT4に比べてよりフラットなデザインです。

対して、SD-MT4は清潔感のある白であり、メニューボタンも少なくシンプルな印象です。

どちらも無駄のないスッキリとしたデザインですね。

白と黒で好みが分かれるかなという印象です♪

大きさの違い

  • SD-MDX4 →幅26.3×奥行35.6×高さ35.3cm 6.0kg
  • SD-MT4 →幅24.1×奥行30.4×高さ34.7cm 5.6kg

ハイグレード機種SD-MDX4の方が、SD-MT4よりもひと回り大きくなります。

また、重量も若干ではありますが重いですね。

特にキッチン周りはスペースが限られているご家庭も多いと思います。

上記のサイズを参考に、収納スペースをチェックしてみてくださいね♪

機能の違い

機能面では、オートメニュー数の違いとマニュアル機能の有無の2点違いがありました。

それぞれ分けて説明していきます。

オートメニュー数の違い

  • SD-MDX4 →43種類
  • SD-MT4 →41種類

SD-MDX4とSD-MT4はどちらも、捏ねから焼成までスイッチ1つでできるオートパンメニュー・生地作りをお任せする生地メニュー・ケーキやお餅などを作れるその他のメニューが搭載されています。

その中で、生地メニューに違いが見られました。

SD-MDX4は、食パン生地ハード生地リッチ生地のメニューがありますが、SD-MT4にはありません。

反対に、パン生地メニューがあるのはSD-MT4のみとなります。

ホームベーカリーで生地作りをして成型と焼成は自分でやりたいと思っている方には、重要なポイントです!

一方で、捏ねから焼き上がりまでおまかせで十分という方は、オートパンメニューの数は違いがないのでどちらでも変わりありませんよ♪

マニュアル機能の有無

  • SD-MDX4 →マニュアル機能 有り
  • SD-MT4 →マニュアル機能 無し

SD-MDX4には、マニュアル機能が搭載されています。

マニュアル機能とは、捏ね・発酵・焼成の工程を、自分の好きなレベルと時間に調整できる機能です。

この機能が搭載されていることで、オートメニューの『パン生地メニュー』が無いことをカバーできます。

パン作りは、使用する粉の産地やその日の湿度や気温に左右されることがあります。

その微妙な違いを自分で調整して、コントロールすることができるのがマニュアル機能のメリットだと言えます。

よって、パン作りをより極めたい方におすすめです♪

価格の違い

  • SD-MDX4 →約47,000円程
  • SD-MT4 →約40,000円程

約7,000円程違いがありました。

SD-MDX4の方が高機能である為、予想通り金額が高価になります。

しかし、どちらも4万円を超える商品なので、慎重に検討したいですね。

価格は、時期や売れ行き状況によっても変動します。現時点の価格は以下からチェックしてくださいね♪

▼該当の箇所をクリックすると確認出来るようになっています♪
SD-MDX4[楽天] SD-MT4[楽天]
SD-MDX4 [Amazon] SD-MT4 [Amazon]
SD-MDX4 [Yahoo!] SD-MT4 [Yahoo!]

ホームベーカリーSD-MDX4とSD-MT4の共通の特長

ホームベーカリーSD-MDX4とSD-MT4の共通する特長を紹介します。

Wセンシング発酵

Wセンシング発酵の技術が搭載されています。

これは、本体に室温センサーと庫内温度センサーがついていて、自動で温度変化を管理してくれる機能です。

イーストの混ぜ込みも、良いタイミングを計算して投入してくれるので、いつでも美味しいパンが焼けます!

実際パンを作る時、季節や気温の変化で発酵状態が変わってくるのが、1番の難しいポイントでもあります。

同じ材料を同じ分量使用しても、気温や湿度などの環境によって出来上がりが変わってくることがあり、プロでも見極めが難しいと言われているんです。

しかし、SD-MDX4とSD-MT4ならば温度管理が徹底されているので、誰でも1年中安定したパンを焼くことができます!

材料さえ揃えるだけで、いつでも簡単に美味しいパンが焼けるなんて魅力的ですよね♪

3D匠ねり

プロのコネ方を研究して作られた、『3D匠ねり』が採用されています。

パン生地をこねる際大切な、『たたく』『伸ばす』の作業がパンケースの中で再現されています。

しっかりとこねられた生地は、状態の良いグルテン膜が形成され、しっかりと膨らんだ美味しいパンになるんです^^

機械任せで手軽な上、プロの技術も搭載されているので、初心者さんでも安心してパン作りに挑戦できるのが嬉しいポイントですね。

お家でお店の味も実現可能です!

焼きムラのない仕上がり

パンケースには、均等な焼き上がりになるよう遠赤フッ素加工がされています。

また、蓋には熱反射ミラーが採用されているので、上の面までしっかりと焼き色をつけることができます。

まるでオーブンで焼いたような仕上がりになるのが特徴です。

ムラのない綺麗な焼き色がつき、ホワイトラインがある、理想的なパンが焼けますよ♪

SD-MDX4とSD-MT4の比較表

SD-MDX4とSD-MT4の違いや特徴をもとに、比較表を作成しましたのでご覧ください。

SD-MDX4 SD-MT4
容量ハーフ・1斤ハーフ・1斤
大きさ(幅×奥行×高さ)26.3×35.6×35.3cm24.1×30.4×34.7cm
重さ6.0kg5.6kg
カラーブラックホワイト
オートメニュー数43種類41種類
マニュアル機能の有無×
搭載生地メニュー・食パン生地
・ハード生地
・リッチ生地
・パン生地メニュー
価格約47,000円約40,000円

価格は変動します。購入前に各ショッピングサイトで再度価格をチェックしておくことをおすすめします。

SD-MDX4とSD-MT4使いやすのはどっち?

SD-MDX4とSD-MT4でそれぞれどんな人が使いやすいのかまとめました。

参考にしてくださいね^^

SD-MDX4がおすすめな人

  • やっぱり最高グレードの型が欲しい人
  • パン作りを極めたい人
  • 自分で成型したレシピを楽しみたい人

何より最上位モデルという点が、SD-MDX4の魅力の1つです。

特に機能面の充実は素晴らしい商品だと言えます^^

機械にお任せのオート機能はもちろん、微調整が可能なマニュアル機能まで搭載されているので、幅広いレベルに対応できる点がメリットですね。

よって、パン作り初心者さんから極めたい方や、自分でレシピ開発するのが好きな方にも存分に楽しめるホームベーカリーです。

SD-MT4がおすすめな人

  • コンパクトさ重視の人
  • オート機能をメインに使いたい人
  • 価格を抑えたい人

SD-MT4は、サイズが小さい点がおすすめポイントです。

また、最上位モデルのオートメニューと同じであるにもかかわらず、価格が抑えられるという点がメリットだと言えます^^

よって、オートメニューをメインで使う方にはSD-MT4が最適です!

機能が限られている分、操作もシンプルになっています。

まとめ:パナソニックSD-MDX4とSD-MT4の違いを徹底比較!

ホームベーカリーSD-MDX4とSD-MT4の違いを比較してきました。

違いは3つです。

  1. デザインの違い
  2. 機能の違い
  3. 価格の違い

デザインでは、SD-MT4の方がひと回りコンパクトな仕様でした。

また、カラーにも違いがあり、SD-MDX4は黒色、SD-MT4は白色となっています。

そして機能面では、SD-MDX4の方がオートメニュー数が豊富であり、さらにマニュアル機能も搭載されているので充実しています。

ただ、機能に比例して金額も高くなるので、手を出しやすいのはSD-MT4だと言えます。

どちらも、機能性が高く素晴らしい商品です!

プロの技が取り入れられたSD-MDX4とSD-MT4なら、初心者さんでもお家でパン屋さんのようなパンが焼けますよ^^

スイッチ1つで後はお任せなので、誰でも簡単に挑戦できるのが魅力です。

また、こだわりのある方もマニュアル機能がついているSD-MDX4ならば、十分満足できると感じました。

焼き上がりの香りがお部屋に充満し、焼き立てを頬張ることができるのは、手作りの特権です♪

SD-MDX4とSD-MT4は、パン作りのハードルをグンと下げてくれる商品だと思います。

パン作りは大変そうと思っている方にこそ試して欲しいですね^^

パナソニックからは低糖質パンミックスも販売されています。

植物性たん白を使っていて糖質が60%も抑えられるようになっていますよ^^

キッチン家電関連
この他にも以下の記事がよく読まれています
まるれぽ
error:Content is protected !!