カジサック子供の名前の由来は?学校は私立なのかも調査!

カジサックさんは、YouTuberの仲間入りをしてカジサックの小部屋も大人気です。

キングコング梶原雄太の顔よりも、YouTuberとして頭にタオルを巻いてジャージ姿が定着しているように感じます。

40万回以上再生された動画もあるほどのカジサックの小部屋ですが、そこにはカジサックさんのお子さんも登場して盛り上げています。

子供全員楽しんでいる姿が伝わってきて、とてもかわいいですね♪

そんな、カジサックさんの子供の名前が特徴的で由来が気になりました。

また、顔出ししていますが学校には問題ないのでしょうか?カジサックさんの子供が通う幼稚園や学校は私立なのかも調べてみました。

カジサックの子供の人数は5人!誕生日順に紹介

まず、カジサックさんの子供の人数は5人です。

2007年生まれの長男を初めてとして、長女・次男・次女・三女の順番です。

生年月日と年齢は以下です。(年齢は2022年9月時点です)

  • 長男:梶原冬詩/かじわらとうじ 2007年10月(16歳)
  • 長女 梶原叶渚/かじわらかんな 2009年7月(15歳)
  • 次男 梶原寅次郎/かじわらこじろう 2012年9月(12歳)
  • 次女 梶原千鈴/かじわらせんり 2016年5月(8歳)
  • 三女 梶原羽留/かじわらはる 2020年2月(4歳)

男の子女の子どちらに偏るわけでなく、生まれていますね。

そして、長男と三女だけで見ると12歳の年の差はありますが、平均的に3歳前後の年齢差でバランスよくではありますね。

そんな5人の子供ですが、名前がとてもかわいいのですがどんな由来から付けられたのでしょうか。

カジサック子供の名前の由来は?

カジサックさん夫婦は、子供の名前を付けるときは音の響きで考えているようです。そして、字画は占い師の星ひとみさんが決めています。

字画に関して一番意識し願うことは、健康に育つことです。

名前は、親から子供への一番最初のプレゼントであり一生ものです。そのため、健康面・頭脳・スポーツ・性格と様々な面で良くなって欲しいと願いがちですよね。

でも、どれも平均的にというのは難しいことから健康を重視したことで、結果5人の赤ちゃん時代は夜泣きがなくスクスクと育ってくれているようですよ^^

カジサックさんご本人が経緯や占い方を話されているので、動画もチェックしてみてくださいね☆

ちなみに、次女の千鈴ちゃんは産まれる直前に決まったそうです。

人によっては、生まれてきた子を見て名前を決めるということもあったりするので、事前に良い名前を付けようと悩むのも親としての楽しみですが、インスピレーションも大切なんだと感じてしまいます。

また、2020年に生まれた三女の羽留(はる)ちゃんに関しては、「羽留」と書いて「はねる」とも読めることから、新人の頃に初めて任されたフジテレビでのゴールデン番組「はねるのトびら」を思い起こさせるため運命だとも言われています

新人の頃に右往左往しながら築き上げた伝説の番組名に似ているとなると、運命や奇跡は感じてしまいますよね。

カジサックの子供の学校は私立?

カジサックさんの子供は、幼稚園はお受験をして西荻フレンドリースクールに通っているようですが、小学校以降は公立校です。

幼稚園を受験したのは、私立に通わせたいという想いからではなくヨメサックのみきこさんの「自分の時間が欲しい」という願いです。

どういうことかと言うと、カジサックさんが住んでいる近所の保育園は2年保育だっため、3年保育ができるところを探し西荻フレンドリースクールにしたという流れです。

西荻フレンドリースクールは、子供への教えは物事についてなぜそうなるのかの考える力をつけさせる教育方針です。

人から与えられたことをそのままするだけではなく、自分で考えて物事を進めていけるのは成長過程でとても役に立つ感じます。

そんな教育方針のところを選んで受験したということは、梶原夫妻はこの教育方針に納得がいったということですね。

まとめ:カジサックの子供は5人で名前の由来がかわいい!

今回は、カジサック(梶原雄太)さんの5人の子供の名前の由来についてまとめてきました。

音の響きから名前を考えて、字画は星ひとみさんに診断してもらっているのですが、結果的に5人全員がかわいく素直に育っています。

赤ちゃんの頃にヒドイ夜泣きは誰一人もいないというのも、診断結果によるものもあるかもしれませんね。

長男の冬詩さんは高校に入ってもYouTubeへの出演も続けると意欲的ですし、カジサック・ヨメッサクのコンビも自然体でありつつ信頼関係が出来ている姿が伝わってきて、梶原家の家族愛を動画を見ていて感じます。

子供の成長が見れるのも、楽しいですね。

人物(芸能人・スポーツ選手等)
この他にも以下の記事がよく読まれています
まるれぽ
error:Content is protected !!