スチーマーナノケアEH-SA6CとEH-SA3Cの違いを比較して5つ発見!徹底解説

パナソニックスチーマーナノケアEH-SA6CとEH-SA3Cの違いを比較しました。

EH-SA6CとEH-SA3Cの違いは、5つあります。

  • 機能の違い
  • モードが選べるかどうかの違い
  • タンク容量の違い
  • 重さや大きさの違い
  • 価格の違い

EH-SA6Cは温スチーム機能以外にナノイー機能も搭載され、3つのモードから選んで使うことができます。

機能が多い分大きさや重さは大きく、価格も高いです。

一方、EH-SA3Cは機能は温スチーム機能のみに限定されていますが、価格が安く抑えられています

パナソニックスチーマーナノケアEH-SA6CとEH-SA3Cの違いは、詳しくは本文でご案内しますのでぜひご覧ください!

▼EH-SA6Cはこちら▼

▼EH-SA3Cはこちら▼

Panasonic公式サイトでは、定額サービスをはじめています。

購入前に一度使って自分の肌に合うのか試したという方におすすめのプランです。

送料は無料♪利用することで、お得なクーポンやポイントももらえます。

詳しくは、Panasonicstoreをご確認ください。

▶パナソニックの公式通販サイトで、定額サービスについて確認する

パナソニックスチーマーナノケアEH-SA6CとEH-SA3Cの違いを比較

EH-SA6CとEH-SA3Cの違いを比較しました。

違いは、5つあります。

  1. 機能の違い
  2. モードが選べるかどうかの違い
  3. タンク容量の違い
  4. 重さや大きさの違い
  5. 価格の違い

詳しく紹介していきますね。

EH-SA6Cはナノイー機能付き

  • EH-SA6Cは温スチーム機能とナノイー機能搭載
  • EH-SA3Cは温スチーム機能のみ

ナノイーというのは、空気中の水分を超微細化した水分たっぷりのイオンです。

ナノイーが肌や髪となじんで水分バランスを整えてくれるので、きめの整った美肌や美しい髪に導いてくれます。

EH-SA6Cなら、寝ている間や在宅ワーク時にナノイーモードでフェイスケアできますよ。

モードが選べるのはEH-SA6C

  • EH-SA6Cは3モードから選べる
  • EH-SA3Cは温スチームのみで時間が選べる

EH-SA6Cは、スチームモード・毛先ケアモード・ナノイーモードが搭載されています。

  • スチームモードは12分間の温スチームでフェイスケアができます。
  • 毛先ケアモードでは、スチームとナノイーを組み合わせた毛先ケアができます。
  • ナノイーモードでは長時間ナノイーを放出し続けることができ、ながら美容に便利♪

一方、EH-SA3Cはスチームモードの時間が選べます

クレンジングのときは3分、朝の忙しい時は6分、しっかり保湿したいときは12分。

時間が選べるのも便利ですよね!

タンク容量は若干EH-SA6Cが大きい

  • EH-SA6Cは95ml
  • EH-SA3Cは90ml

5mlだけですが、タンク容量にも差があります。

スチームの量では1分も差がない程度なので、タンク容量は比較の対象にはなりませんね。

重さや大きさはEH-SA3Cがコンパクト

  • EH-SA6Cは約1.2㎏
  • EH-SA3Cは約700g

重さの違いが500gほどあります。

大きさの違いも、縦横が2cm・奥行が5cmほどEH-SA6Cのほうが大きくなっていますよ。

保管場所を確認して選んでくださいね!

価格はEH-SA3Cが安い

  • EH-SA6Cは34,640円(税込み)
  • EH-SA3Cは12,247円(税込み)

価格.comの最安値を比較してみると、EH-SA3CはEH-SA6Cよりも2万円以上お安く販売されています。(2022年4月調べ)

やはりコンパクトモデルのEH-SA3Cは機能を限定している分、価格も抑えられていますね!

価格に関しては、売れ行き状況は在庫状にの人気度合いによっても変動します。

現時点での価格は、下記の各ショッピングサイトからご確認ください。

▼EH-SA6Cの最安値チェックはこちら▼

▼EH-SA3Cの最安値チェックはこちら▼

EH-SA6CとEH-SA3Cの比較表

上記で上げてきた違いも含めて、EH-SA6CとEH-SA3Cの違いを比較表にしてまとめていきます。

EH-SA6CEH-SA3C
機能ナノサイズ温スチーム
ナノイー
ナノサイズ温スチーム
モードスチームモード
毛先ケアモード
ナノイーモード
スチーム発生量約6ml/分約6ml/分
タンク容量95ml90ml
アロマタブレット
スチーム温度40℃(蓋先端から20cmの距離)40℃(蓋先端から20cmの距離)
本体寸法高さ18×幅12.5×奥行20 cm高さ16.3×幅10.4×奥行14.8 cm
重さ本体:約1.2kg/電源コード:約70g本体:約700g/電源コード:約70g
消費電力ナノイー発生時:約5W
スチーム発生時:約290W
約290W
カラーゴールド調(EH-SA6C-N)ゴールド調(EH-SA6C-N)
価格(2022年4月10日調べ)34,640円(税込み)12,247円(税込み)

こうして表にしてみると、機能面での違いが大きいことがわかりますね。

コンパクトタイプのEH-SA3Cほうが、価格が抑えられています。

EH-SA6CとEH-SA3Cのおすすめはどっち?

EH-SA6CとEH-SA3Cはそれぞれどんな人におすすめなのかまとめました。

参考にしてくださいね^^

EH-SA6Cがおすすめな方

  • ナノイーでながら美容がしたい方
  • 価格が高くてもモードが選べる方がいい方

EH-SA6Cの特徴はナノイー機能です。

寝ている間や仕事中に、ナノイーでフェイスケアしたい方はEH-SA6Cがおすすめです。

価格は高いですが、モードを選んでより効果的に使いたい方はこちらを選んでくださいね。

▼ナノイーがお肌奥にまで浸透してしっとり▼

EH-SA3Cがおすすめな方

  • 価格を抑えたい方
  • 温スチーム機能を便利に使いたい方

温スチーム機能に限定した機種ですが、価格が安いことがEH-SA3Cの特徴です。

温スチーム機能の時間が3種類から選べるので、安価ですが効率的に使うことができますよ。

▼温スチームでお肌の疲れを労わります▼

EH-SA6CとEH-SA3Cの共通の特長

EH-SA6CとEH-SA3Cの共通する特徴を紹介します。

どちらも温スチーム機能でお肌がしっかり保湿できますよ!

温スチームでお肌にうるおい補給

水蒸気よりも細かい、ナノサイズの温スチームが肌をたっぷり潤します。

角質層までスチームが浸透するので、肌がふっくら整いますよ。

ディープクレンジングにも使える

クレンジング前にスチームを浴びると、メイクが浮き出て落ちやすくなります。

何度もこすらなくてもいいので肌への負担が軽減されます!

アロマでリラックス

専用のアロマタブレットを入れることができます。

スチームに好きな香りをプラスすることができるので、お手入れ中にリラックスできますよ♪

いろいろな香りを楽しみたい方向けに、セットになっているものも販売されています。

カラーは落ち着いたゴールド調

カラーはどちらも白を基調としたゴールド調です。

シンプルながら、美容家電らしい高級感がありますよね♪

▼EH-SA6Cはこちら▼

▼EH-SA3Cはこちら▼

まとめ:パナソニックスチーマーナノケアEH-SA6CとEH-SA3Cの違いを比較検証

EH-SA6CとEH-SA3Cの違いを比較してきた結果、違いは5つありました。

  • ナノイー機能はEH-SA6Cだけ
  • EH-SA6Cは3モードから選べる
  • タンク容量は若干EH-SA6Cが大きい
  • 重さや大きさはEH-SA3Cがコンパクト
  • 価格はEH-SA3Cがお得!

機能はEH-SA6Cのほうが多いですね。

そのため、ナノイー機能で「ながら美容」がしたい方にはEH-SA6Cがおすすめです。

しかし、価格面では2万円以上EH-SA3Cがお安くなっています。

温スチームはEH-SA6Cと同じだけ出ますし、効果のあるスチーマーをリーズナブルに購入するなら、

EH-SA3Cが断然お得です!

パナソニックのスチーマーナノケアは、細かいスチームで角質層まで潤いを届けてくれる高機能なスチーマーです。

マスク生活で疲れたお肌にしっとり潤いを与えてくれますよ♪

▼ながら美容でもナノイー機能でお肌しっとりのEH-SA6Cはこちら▼

▼価格を抑えて温スチームをリラックス♪EH-SA3Cはこちら▼

↓精製水を使うとお肌に安心ですね↓

美容健康器具関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まるれぽ
error:Content is protected !!