パナソニックEH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較!ナノケアドライヤー

パナソニックEH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較!ナノケアドライヤー美容健康器具関連

パナソニックEH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較しました。

EH-NA0JとEH-NA0Gはパナソニックの大人気ヘアドライヤー、ナノケアの最上位モデルです。

2021年9月に発売されて以来、評判の良いEH-NA0Gですが、2022年9月に新型が発売されます!

それがEH-NA0Jです!

EH-NA0JとEH-NA0Gの違いは、5つあります。

  • デザインの違い
  • モードの違い
  • 風の違い
  • 付属品の違い
  • 価格の違い

新EH-NA0Jは、デザイン・機能共に大きく変化が見られました!

まず目立つ違いとして、デザインが大幅に変わっています

EH-NA0Gよりも新しいEH-NA0Jの方が、よりコンパクトで軽量なんです。

また、モード・風量・風温などの機能面でも違いがありました。

パナソニックEH-NA0JとEH-NA0Gの詳しい違いは、本文でご紹介します^^

また、それぞれおすすめの人についてもまとめていますので、参考にしてみてくださいね♪

▼2022年9月発売のEH-NA0Jは3色展開▼

▼2021年発売のEH-NA0Gも3色展開▼

EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較

EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較しました。

違いは、5つあります。

  1. デザインの違い
  2. モードの違い
  3. 風の違い
  4. 付属品の違い
  5. 価格の違い

詳しく紹介していきますね。

デザインの違い(サイズ・カラーが違う)

デザイン面では、サイズとカラーの違いに分けて説明していきます。

EH-NA0Jの方がコンパクト&軽量

  • EH-NA0J…幅:14.8×奥行:7.4×高さ:22.1cm 550g
  • EH-NA0G…幅:21.6×奥行:8.9×高さ:22.4cm 595g

新EH-NA0Jの方がコンパクトな設計になっており、EH-NA0Gと体積を比較すると27%も減少しているんです!

EH-NA0Gは、一般的なドライヤーのようなノズルが少し細くなっている形をしていますが、新しいEH-NA0Jは、ノズルの細い部分を取ってしまったような、ボディ部分が短いデザインです。

また、持ち手が折りたためるEH-NA0Gに対して、EH-NA0Jは折り畳めません。

折り畳めないと収納時に困るなと感じる方も多いと思いますが、なんと!EH-NA0Jはノズルが短いことで、EH-NA0Gの持ち手を折り畳んだ時と同じ大きさになるんです!

新EH-NA0Jのコンパクトさがよく分かりますね^^

また、重量も新しいEH-NA0Jの方が45g軽くなっているのが特徴です。

ピンクの色合いが違う

EH-NA0JとEH-NA0Gのカラーについてもご紹介しておきます。

  • EH-NA0J…ディープネイビー・ラベンダーピンク・ウォームホワイト
  • EH-NA0G…ディープネイビー・モイストピンク・ウォームホワイト

どちらも3色展開であり、ネイビー・ピンク・ホワイトと内容もほぼ同じです。

ただ、カラーはピンクの色合いが異なります。

EH-NA0Jのラベンダーピンクはシルバーに近い色合いになっており、EH-NA0Gのモイストピンクはピンクゴールドのようなカラーです。

EH-NA0Jはより性別や年齢を選ばないカラーバリエーションであり、EH-NA0Gはシンプル好きな方にはもちろん、かわいいカラーが好みの方にも対応できる幅広いカラーバリエーションが魅力です^^

EH-NA0Jはスマートセンシング搭載

  • EH-NA0J…スマートセンシング+4つのモード(温冷リズムモード・毛先集中ケアモード・スカルプモード・スキンモード)
  • EH-NA0G…5つのモード(温冷リズムモード・毛先集中ケアモード・スカルプモード・スキンモード・インテリジェント温風モード)

EH-NA0Jは、従来から採用されている室温を見極める環境センサーと、新たに風温を感知する風温センサーが搭載されています。

この2つのセンサーを利用して、使い方や使用環境を見極め、自動で風温を調整してくれるスマートセンシングがEH-NA0Jの新しい機能です!

自動で風の温度をコントロールしてくれるから、一年を通して快適な温度でケアできるのが魅力

そしてEH-NA0Jは、このスマートセンシングに加えて、温冷リズムモード・毛先集中ケアモード・スカルプモード・スキンモードの4つのモードを組み合わせて使用することができます。

一方EH-NA0Gは風温センサーがないため、スマートセンシングは搭載されていません。

しかし、インテリジェント温風モードを選択すれば室温に合わせた風温に調整してくれます。

5つのモードの中から自分で選ぶ手間はありますが、EH-NA0Gも夏場など暑過ぎない温度でヘアケアできますよ^^

EH-NA0Jの方が低温・強風

  • EH-NA0J…風温:95℃ 風量:1.6㎥/分
  • EH-NA0G…風温:125℃ 風量:1.5㎥/分

EH-NA0Jの温風は95℃と低めです。

しかし、風量がパワフルな為、低温でもしっかり乾かすことができます。

EH-NA0Gの125℃でも髪を傷めず乾かすことができますが、新しいEH-NA0Jはさらに髪に優しい温度になっていると言えますね。

EH-NA0Gの風量も十分パワフルですが、もっと早く乾かしたいという方には、風量の多いEH-NA0Jが嬉しいですね^^

EH-NA0Jの方が付属品が多い

  • EH-NA0J…セットノズル・根元速乾ノズル
  • EH-NA0G…セットノズル

風を髪に当てやすくするセットノズルは、どちらも共通して付属されます。

しかし、根元速乾ノズルはEH-NA0Jのみです。

引用元:楽天市場

根元速乾ノズルは、毛量が多い方など根元に風が届きにくい時に、風の範囲を狭めて集中的に当てることができます。

EH-NA0Gにはこのノズルの付属はなく付属品が少ないように思いますが、元々ノズルの細いデザインのため、問題ないんですよ。

逆に毛量が多い方などは、ノズル取り付けの手間がないEH-NA0Gの方が便利ですね^^

EH-NA0Gの方が低価格

  • EH-NA0J…38,610円
  • EH-NA0G…29,700円

EH-NA0Jは2022年9月発売の為、現在予約商品となっています。

どちらもメーカー公式通販サイトの価格です。

約9,000円程違いがありました!

EH-NA0Jは最新型であり、デザインや機能共にパワーアップしているため、EH-NA0Gより高価なのは納得ですよね。

ただ、ドライヤーで9,000円の違いはかなり大きく感じるのも事実です。

EH-NA0Gもシンプルなデザインと素晴らしい機能で十分優れた商品だと言えるので、お得に感じてしまいますね^^

価格は売れ行き状況で変化もしますので、常にチェックはしておいたほうがいいですよ。

▼EH-NA0Jの最新価格を確認する▼

▼EH-NA0Gの最新価格を確認する▼

EH-NA0JとEH-NA0Gの比較表

上記で上げてきた違いも含めて、EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較表にしてまとめていきます。

EH-NA0JEH-NA0G
タイプ高浸透ナノイー&ミネラル搭載高浸透ナノイー&ミネラル搭載
大きさ(幅×奥行×高さ)14.8×7.4×22.1cm21.6×8.9×22.4cm
重さ550g595g
カラーディープネイビー・ラベンダーピンク・ウォームホワイトディープネイビー・モイストピンク・ウォームホワイト
モードスマートセンシング
4つのモード(温冷リズム・毛先集中ケア・スカルプ・スキン)
5つのモード(温冷リズム・毛先集中ケア・スカルプ・スキン・インテリジェント風温)
便利な機能退色を抑制・UVケア・キューティクル密着・お手入れ簡単吸込口・静電気抑制退色を抑制・UVケア・キューティクル密着・お手入れ簡単吸込口・静電気抑制
付属品根元速乾ノズル・セットノズルセットノズル
温度…95℃(スカルプモード60℃)
風量…1.6㎥/分
温度…125℃(スカルプモード60℃)
風量…1.5㎥/分
価格38,610円29,700円

こうして表にしてみると、EH-NA0Jの進化がはっきり分かりますね^^

高機能を求めるなら、2022年発売のEH-NA0Jで決まり♪

EH-NA0JとEH-NA0Gでおすすめはどっち

EH-NA0JとEH-NA0Gでそれぞれどんな人におすすめなのかまとめました。

参考にしてくださいね^^

EH-NA0Jがおすすめの人

  • 手が疲れやすい方
  • できるだけ早く乾かしたい方

EH-NA0Jは、軽量パワフルが最大の魅力です!

手や腕が疲れやすい方は、軽量でコンパクトなEH-NA0Jの方が使いやすいと感じます。

また、本体部分が短いデザインのため、より安定した持ちやすさになっています。

コンパクトなEH-NA0Jなら、お子さんでも自分でヘアドライできそうですね♪

そして、風量もUPしているので、朝など忙しい時間帯にも大活躍ですよ^^

▼EH-NA0Jはコンパクトなので収納場所にも困らない▼

EH-NA0Gがおすすめの人

  • 毛量の多い方
  • 価格を抑えたい方

EH-NA0Gは、シンプルな使いやすさが魅力だと言えます!

特に毛量の多い方は、ノズルを交換しなくても根元までしっかり風を届けられます。

ノズル交換のワンアクションが面倒な方は、EH-NA0Gを選べはひと手間省けますよ^^

また、価格もEH-NA0Jよりも抑えられているのがポイントだと言えます。

EH-NA0Gも速乾性や髪への効果など十分優秀です。

EH-NA0Jとの金額差を考えると非常にお得に感じますね^^

▼EH-NA0Gはシンプル操作で速乾できる▼

EH-NA0JとEH-NA0Gの共通の特徴

EH-NA0JとEH-NA0Gの共通する特徴を紹介します。

高浸透ナノイー搭載

EH-NA0JとEH-NA0Gは、どちらも高浸透ナノイーが搭載されている為、髪に潤いを与えてくれるのが魅力です!

高浸透ナノイーとは、空気中のマイナスイオンを微細化し、さらに髪に浸透しやすくしたものです。

引用元:楽天市場

髪の表面に潤いを与える従来のナノイーよりも進化しており、高浸透ナノイーは髪の内部までしっかり浸透するのが特徴です。

よって、パサついた髪もしっとり潤いに満ちた髪へと生まれ変わります!

ドライヤーを使うだけでヘアケアできるなんて手軽ですし、ドライヤーは髪が傷みそうというイメージを覆す商品ですよね^^

ヘアカラーが長持ち

EH-NA0JとEH-NA0Gは、高浸透ナノイーで髪に潤いを与える為、キューティクルが引き締まった健康な髪になります。

髪のキューティクルが密着することで、カラー剤が流れ出るのを防げるのが魅力です。

さらに、カラーによるダメージも抑制できるんですよ。

引用元:楽天市場

頻繁にカラーをしている方にとって、ヘアカラーのダメージを気にせず、お気に入りのカラーを長く楽しめるなんてこんな嬉しいことはないですね♪

また、キューティクルが密着している健康な髪だと、紫外線のダメージにも強く、ブラッシングの摩擦にも負けないなど嬉しい効果がたくさんあります^^

ヘアダメージにお悩みの方は、ヘアケア剤をあれこれ購入するよりも、ドライヤーを変えてみるのが改善の近道かもしれませんね。

▼EH-NA0Jは2022年発売で現在最上位モデル▼

▼EH-NA0Gは2021年発売のシンプル操作▼

まとめ:EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較について

引用元:楽天市場

EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較してきた結果、違いは5つありました。

  • デザインは、EH-NA0Jの方が軽量&コンパクト
  • EH-NA0Jは、スマートセンシング新搭載
  • 風は、EH-NA0Jの方が低温・強風
  • 付属品は、EH-NA0Jの方が多い
  • 価格は、EH-NA0Gの方が低価格

まず、新EH-NA0Jの方がコンパクトであり、EH-NA0Gとの体積比は27%も減少しています。

また、重量も45g程軽量になっているため、より疲れにくい設計と言えます^^

そして、モードにも違いがありました。

EH-NA0Jの新たな機能として、スマートセンシングが採用されています。

EH-NA0Jは、従来から採用されている環境センサーに加えて、新たに風温を感知する風温センサーが搭載されているんです。

このことで、使い方や使用環境を見極め、自動で風温を調整できるのが特徴です。

一方EH-NA0Gは風温センサーがないため、スマートセンシングは搭載されていません。

しかし、室温に合わせた風温に調整してくれるインテリジェント室温モードが付いています。モードを自分で選ぶ手間はありますが、EH-NA0Gも年中快適な温度でヘアケアできますよ^^

そして、EH-NA0Jの方が低温パワフルな風量になっています。

95℃の低い温度で髪を守りながらも、風量はEH-NA0Gよりも多いので、速乾も叶います!

付属品にも違いがあり、根元速乾ノズルはEH-NA0Jのみに付いてきます。

根元速乾ノズルは、毛量が多い方など風が根元まで届きにくい時に、風の範囲を狭めて集中的に当てることができる便利なノズルです。

一見付属品が少ないEH-NA0Gですが、元々根元に風を送りやすいデザインになっていることで、この付属品が必要ないのも事実です。

逆に、ノズル付け替えの面倒がないのがEH-NA0Gのメリットだと言えますね^^

どちらも速乾性と潤いに優れた高浸透ナノイー&ミネラル搭載のヘアドライヤーには違いありません。

しかしEH-NA0JとEH-NA0Gは、様々な点で少しずつ違いました。

従来品のEH-NA0Gも使いやすく機能的であるのは変わりありませんが、新しいEH-NA0Jはさらに進化をしています^^

新EH-NA0Jは、2022年9月に発売予定です。

実物を見られるのが楽しみですね♪

▼2022年9月発売のEH-NA0Jは3色展開▼予約受付中

▼2021年9月発売のEH-NA0Gはまだまだ人気▼

美容健康器具関連
この他にも以下の記事がよく読まれています
まるれぽ
error:Content is protected !!