カシミヤコートはどのくらい着れる?長く着るならクリーニングに出さないほうがいい?

カシミアコートは、どのくらいの年数着ることが出来るのかを考えたことがありますか。

体を包むこむように温めてくれるので、一度着たら手放せなくなるほどです。

そのため、少しでも長く着られたら嬉しいですよね。そうなると、クリーニングに出さないほうがいいのでしょうか?

この記事では、カシミアコートはどのくらいの年数着られるのかを調べました。また、長くきるための方法として、クリーニングには出さないほうがいいのかという疑問も解消していきます。

カシミヤコートは何年着られるのか気になる!

カシミヤコートは何年着られるのか気になる!

水に弱い特徴をもつカシミヤコートは、使い方や保存状態によって着られる期間が変わってきます。

保温性、保湿性にすぐれているため、丁寧に着られている場合は5~10年着続けることができます。

一方、水に濡れるなどした場合、シミになったり光沢がなくなることがあります。

また、湿気にも弱い性質なので、濡れたまま放置しておくとカビがはえてくる可能性があると同時に、虫クイで穴があいてしまうなどの恐れもあります。

そのため、雨のお出かけ時には着ていかない、濡れた場合はそのままにせずなるべく早くふき取るなどこまめなケアをすることが長持ちをさせる方法です。

普段から、防虫剤を使用するなどして洋服の保存にも気を付けておくことも対策の一つですね。

ただし、強すぎる紫外線に長時間あたると繊維そのものが変色する可能性もあるので、クローゼットにしまうなどして日のあたるところを避けた保存方法がおすすめです。

カシミヤコートはクリーニングにあまり出さないほうがいい

カシミヤコートはクリーニングにあまり出さないほうがいい

結論から言いますと、カシミヤコートはあまりクリーニングに出さない方がいいです。

良い状態を保つために適度にクリーニングに出したくもなりますよね。しかし、クリーニングの仕方によって生地を傷めることがあるのであまりおすすめはしていないようです。

クリーニングの仕方というのは、カシミア素材はドライクリーニングで洗います。

水洗いとは違い溶剤を使っての洗濯になるので「油が脂を持って行ってしまう」ことになり、カシミア独特のヌメリも減っていってしまうことになります。

そのため、カシミヤコートはシーズンの最後にクリーニングに出すくらいでちょうど良いようですよ。

ただし、クリーニングに出した後に付いてくるビニールでの保管は避けるべきです。

ビニールは通気性が悪いため付けたまま保存していると、ビニール内で湿気を持ってしまい虫が好む環境を作ってしまうからです。

せっかくクリーニングに出しても逆効果となってしまうので、持ち帰ってきたらビニールは外して市販の不織布の袋に被せてクローゼットで保管するのがベストの状態です。

また、そのシーズンに頻繁に着ていないのであれば自分でメンテナンスする方法もありますよ。

メンテナンスのやり方は、

  1. ブラッシングで毛並みを整え
  2. 陰干しして風を通したら
  3. 形を整えてクローゼットへ
  4. つぎのシーズンには着る前に風通しをする

この方法でカビ発生や虫くい防止に繋がりますが、大切なコートなので、1シーズンに1回クリーニングに出すことで安心も出来ますよね。

クリーニングに出すときは、高級素材向けのコースで出してくださいね。

カシミヤコートが雨に濡れたときの手入れ方法や長く着るコツ

カシミヤコートが雨に濡れたときの手入れ方法や長く着るコツ

カシミヤコートは、5~10年ほど着れると前述しました。

このように扱い方によって着れる年数は随分と変わってきます。大切なコートを出来るだけ長く着るコツをもう少し詳しく説明しますね。

カシミヤコートの大敵は、水分です。普段の生活では、雨降りが該当します。

雨が降ったときは着ない方が良いのですが、突然降ってくる場合もあるので一概には言えないですね。

もし雨で濡れてしまったら、なるべく早く拭き取るようにするのは鉄則です。

そしてそのときの対応として、ふき取るときは擦らずにトントンと叩いて水分を取っていってください。

その後、陰干しで完全に乾かしてからブラッシングで毛並みを整えます。

まとめると、流れは

  1. 濡れた部分をトントンと叩いて水分を取る
  2. 陰干しで乾かす
  3. ブラッシングで毛並みを整える

間違っても濡れたまま放置はしないようにしてくださいね。

カシミアコートは、水にとても弱いデリケートな素材なので放置していたらすぐに悪くなってしまいます。

まとめ:カシミヤコートを長く着るには丁寧に取り扱いが大切

まとめ:カシミヤコートを長く着るには丁寧に取り扱いが大切

今回の記事では、カシミアコートの着れる年数やクリーニングの頻度などについてまとめてきました。

カシミアコートは、おしゃれアイテムとして寒い時期に欠かせないコートです。

ただ、高級品でもあります。

そのため、間違った取り扱い方で、すぐにダメになってしまうのも悲しいですよね。

また、クリーニングにはシーズン終わりに1回出す程度がちょうどいいんです。

良いものを大切にし長く着るために頻繁に出したくなりますが、1シーズンでも長く着るためにも日頃の手入れを行いつつシーズン終わりにクリーニングに出すという流れを行ってくださいね。

error:Content is protected !!